スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たちあがれ!行動せよ!

報道で既に御存知の通り、先週、民主党の16人の新人議員らが、衆議院内の会派としての民主党・無所属クラブからの離脱と、新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」の結成を宣言した。


新会派(仮)のメンバーの中には、我が秋田県の高松和夫議員も居る様である。
高松議員は、平成二十一年の衆議院議員選挙に於いて、民主党東北ブロック比例単独23位で立候補し、政権交代の波に乗って当選を果たした候補である。
他の新会派(仮)のメンバーも、多かれ少なかれ高松議員と同じ様な、言ってみれば政権交代ブームで幸運にも当選できた泡沫候補議員である。

新会派(仮)のメンバーはそう云った事情から、このまま行けば次の衆議院議員選挙では落選確実な連中であり、そこに目をつけた小沢一郎元民主党代表が、民主党執行部内で小沢制裁論が具体化しつつある為、それを牽制する狙いで行わせた行動である、との評論家の論評が多数ある。

社民党を取り込む事で、一時は衆議院で三分の二以上を確保して再可決勢力を確保するかに見えた菅政権にとっては、この16人が反対に廻れば再可決できないと云う事態に陥る為に、かなりの痛手となる筈である。
それが証拠に、この期に及んで民主党執行部からは、除名処分などの処分をしようとする動きが全く見られない。
まさに、小沢元代表に菅政権の足下を見透かされた形である。

他にも小沢派の民主党衆議院議員は100人以上居るとされており、これらがもし、野党が内閣不信任決議案を提出した際にこれに同調すれば、菅内閣は確実に崩壊する。

しかし、今回の新会派(仮)の行動には大義も、信念も見られない。
あるのは、己の保身と、私利私欲に基づく権力闘争の、政局的陰謀術数だけである。
実際、菅総理が解散をちらつかせると、16人の言動も腰砕けとなっているではないか。

禅宗で良く使われる言葉に、
風、疎竹に来る、風過ぎて竹は声を留めず
と云うのがある。
まばらな竹林に風が吹くと竹が揺れてザワザワ音を立てるけれど、風が過ぎ去れば元の静けさに戻り、何の声も留めない。
竹の様に心を揺らそうとも、いつまでも跡を残すな。と云う様な意味。

また真言宗の開祖、弘法大師空海も
心海湛然として波浪なし。識風鼓動して去来をなす
と述べている。
心の海は波も無く静かなのに、迷いの風が吹く度に波立っている。との意。

どちらも、信念が無いと、風にざわめく竹林の様に、波風に翻弄される様に、いつまでも揺れ動くブザマさを指摘して、強い信念を持つことを説いている。

道元禅師も
退路を絶ちて道はじまる
と述べている。
新会派は作るが離党はしない…では、何もしないのと同じである。
信念を持っての行動であれば、まず退路を絶ってこそ、ではないか。

まさに信念の無いあの連中こそが、私利私欲であっちへふらふらこっちへふらふら、己が保身の為に国民を無視した政治をして、我が国を亡国への道へいざなっているのである。
こんな連中に、国を任せていてはならない。


したがって私小野ひろゆきは、現段階に於いては、これらの連中の行動を支持しない事を明言したい。


今、世界では、チュニジアの政変に端を発した、民衆による革命が、アラブ各地で頻発しつつある。
チュニジアやエジプトの独裁政権崩壊をはじめ、ほとんどのアラブの国々で、民衆が立ち上がっている。その余波は、東アジアへも及びつつあり、お隣の北京政権に対する抗議デモも興りつつある。
これらは全て、一般の民衆、国民の行動によるものである。

国民自らの意思によって、大きな民意を動かして政権を変える。これが本当の民主主義である。
我が国に於いても今、自らの保身に根差した政権与党内の権力争いの結果としての政変ではなく、アラブの民主主義革命の波を受け止め、国民自らが政権にノーを突きつけ、現在の亡国政権の打倒を目指し、国民が立ち上がるべきである。

論語に、
学びて思わざれば則ち罔し学而不思則罔)」
とある。
物事を学ぶだけで自分で考えないと意味が無い。

空海は、
妙薬函に満つれども、嘗めざれば益無し。珍衣櫃に満れども、著ざれば則ち寒し
良く効く薬を幾ら持っていても、服用しなければ効果は無く、衣服を幾ら持っていても、着なければ寒いまま。
と述べている。

我が秋田県は全国統一学力テストで、連続首位を飾る教育水準の高い県である。
しかし、いくら知識を持っていても、それを活用しなければ何にもならない。
いくら主権を持ち、いくら自由を得ようとも、何も行動しなければ、奴隷と同じである。
我が国の主権者は、国民有権者諸君である。

国民有権者諸君に言いたい。
民主主義とは、制度では無い。
民主主義とは、有権者の積極的な政治参加の事である。
その意味に於いて、我が国は未だ、民主主義国と呼べる国ではない。

国民有権者諸君。
たちあがれ!行動せよ!
スポンサーサイト
プロフィール

頑張れ日本!秋田応援団

Author:頑張れ日本!秋田応援団
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。