スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後レジームからの脱却

アメリカ大統領選挙の候補者選び(所謂予備選挙)で、共和党でトップを独走状態のドナルド・トランプ候補が、米紙ニューヨークタイムズのインタビューで日米安保に触れ、自身が大統領になれば、日米安保の見直しを行って、日本の核武装も容認する姿勢を示した。

現職のオバマ大統領も、どちらかと云えば孤立主義の傾向が強いが、トランプにしても、クリントンやサンダースにしても、程度の差こそあれやはり孤立主義の傾向がある。

我が国では、今日から施行された新安保関連法の部分的集団的自衛権の行使容認を巡って、「アメリカの戦争に捲き込まれる」論が、憲法9条原理主義者を中心にかまびすしいが、現実には、アメリカは国際秩序維持の為の武力行使を忌避する傾向が強くなりつつあり、我が国がアメリカの戦争に捲き込まれる処か、逆にアメリカが、我が国と北京政府との戦争に捲き込まれる事を恐れて居る。
つまり、我が国にとって考えなくてはならない事は、アメリカの戦争に捲き込まれる心配ではなく、アメリカが助けてはくれない現実から、如何に祖国と国民を護るか?なのである。

トランプの言う通り、日米安全保障条約とはある意味では片務条約である。
しかし、それはアメリカが我が国に駐留する事で、アメリカの極東戦略に多大な貢献をして来た。
片務条約だからと云って、我が国が卑屈に感じる必要は何も無い。

だが、我が国では、左右の別無く与野党共に、その片務条約に依存をして来たのもまた事実である。
憲法9条原理主義者は、片務条約によってもたらされた事実上の抑止力の結果を、憲法9条の成果と喧伝して来た。
自民党政権側も、アメリカの抑止力に依存して、国民に国防安全保障について考えさせる事を怠り、独立自主の体制作りを怠り、憲法を改正して自主憲法の制定をする事を怠って、戦後レジームに甘えて来たのである。

こうして、我が国が甘い夢を見ながら惰眠を貪って居る間に、世界は大きく変わった。

我が国を取り巻く環境は、核兵器を持った敵勢諸国が我が国の領土と国民を奪い侵し続け、保護してくれていた筈の国は、徐々に国力を低下させ、最早その援助は期待薄くなって居る。
その事を明言したのが、ドナルド・トランプである。

アメリカが我が国から手を引けば、北京政府は大喜びして南支那海、そして東支那海でその野望を拡大させるだろう。
北鮮も、アメリカの脅威が無くなり、韓国への恫喝を拡大させるだろう。
韓国も、核武装する可能性も高まる。

だが、これは良い機会でもある。
我が国はこれを機に、憲法を改正して自主憲法を制定させ、戦後レジームからの脱却を果たし自主独立の道を選択する絶好の機会である。
アメリカの核の傘が無くなる以上、それに替わる新たな核抑止力を手にしなければならず、我が国にはその能力も技術もある。

ただ、何だかんだと云った処で腐っても鯛。アメリカはやはりスーパーパワーであり、これを敵に回す事は現実的では無い。
我が国が独自で核武装をするには、アメリカの承認は必要となって来るだろう。
だからこそ、今回のトランプの発言は、まさに渡りに舟である。
もし万が一、トランプが大統領となった場合は、これを千載一遇の機会と捉え、我が国は核武装に踏み切るべきである。

その為にも、まずは我が国で、その準備を整えて置かねばならない。
幸いに、この夏には参議院議員選挙がある。
世界の現実を直視して、我が国の自主独立の必要性を広く認識させ、憲法を改正して戦後レジームからの脱却を果たさねばならない。
スポンサーサイト

こぐりょ

先日、筆者の高校生の姪っ子との会話で姪っ子から出た単語です。
「こぐりょ」「しるら」「ぺぐちゃ」
何を意味するか判りますか?
ある程度の知識のある方か、ある年代以下の方ならば、ピン!と来るかも知れません。

こうすれば、お判りでしょう。
「こうくり」「しらぎ」「くだら」
そう、
「高句麗」「新羅」「百済」
の事です。

今の学校教育では、これ等の半島の古代国家を、韓国語の(に近い)発音で教育して居るのです。
「高麗」は「コリョ」と教えられ、「こうらい」と云う日本古来の読み方を、姪っ子は知りませんでした。

いったい、これで良いのでしょうか?
「こうくり」「しらぎ」「くだら」「こうらい」は、大切な「日本語」です。
我々が「イギリス」と呼んでいる国の国民は、自分の国を「イギリス」とは普通言いません。何故ならば、「イギリス」は日本語だからです。

今の学校教育で、「こうくり」ではなく「コグリョ」と教えるのは、韓国から要請があったのか、或いは日本側で韓国に「配慮」してそう変えたのか、そのどちらかでしょう。
後者だとすれば、いったい何の為の配慮なのでしょうか?

随分以前から、学校教育では「任那」を教えなくなって居る事は知って居ました。
古代の半島に存在した任那は、古代日本の半島の出先機関であり領土でしたが、韓国人がこれを日本侵略の象徴として嫌い、この単語を使用しない様に求めた為に使用されなくなり、任那は歴史教育から姿を消し、今では任那は歴史から姿を消してしまって居ます。
つまり、今では任那は無かった事になって居るのです。
つまり、韓国の都合の良い様に、歴史の改竄が行われて居るのです。

島根県の「竹島の日」の式典に、我が国の総理大臣や閣僚が出席した事はありません。
韓国への「配慮」からだと云われて居ます。
我が国の領土である竹島を不法占拠し、その返還を韓国に求めるべき我が国政府が、その相手に配慮して竹島の日の式典に出席しないなど、本末転倒も甚だしいと云わざるを得ません。
これでは、韓国の竹島の不法占拠を認めて居るのと同じです。

総理大臣が一年以上も靖国神社を参拝しないのも、韓国等への「配慮」から。
これでは、我が国が韓国を武力で侵略した、とする韓国の主張する歴史歪曲を認めて居る様なものです。

いったい全体、何の為の、誰の為の「配慮」なのでしょうか?
韓国への配慮で、歴史の改竄歪曲も認め、領土の不法占拠も認め、日本語でさえ棄てようとして居る状況を、このまま見過ごして居ても良いのでしょうか?
これは、国民の大きな油断の結果です。

このままではその内に、日本海は地図から姿を消し、代わりに「トンへ(東海)」と云う単語が学校で教えられる日が来るのかも知れません。
プロフィール

頑張れ日本!秋田応援団

Author:頑張れ日本!秋田応援団
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。