行った人と行かなかった人

今年行った人は、102人。昨年は55人だそうだから、倍近くが行った事になる。
一方で、総理はついに行かなかった。
行かなかったからと云って、何かが改善される訳では無い。精々、何かの国際会議で、立ち話が出来るレヴェルであろう。
むしろ、玉串を奉納した事で、結果として反発していたりする。
つまりは行っても行かなくても、何も良い事はない。ならば、行くべきである。行くべきであった。
今行けない者が、秋に行けるとは思えない。

総理は今年は更に、来年の春に消費税を増税する判断を下す事になるであろう。
確かに、インフレ率は上がっている。
原油価格が高騰して居る為、全体のインフレ率が上がっているのである。実は、それを除けばむしろ、0.2%のデフレですらある。
この状態で消費税率を上げればどうなるだろうか?

話を戻そう。
行った閣僚が、「私人の立場で云々」と言っていた。
戦争で散って逝った英霊が、私人の立場で散って逝ったと言う気なのだろうか?
馬鹿も休み休み言え。
国の為に散って逝った英霊達を追悼するのに、国務大臣として行うのは当たり前ではないか。
あんな事を言うのなら、行かなかった連中と五十歩百歩である。

総理が行かなかった事も含め、
我が国の景気と政権の支持率は、同じ結果を招くのではあるまいか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

維新政党 新風 秋田応援団

Author:維新政党 新風 秋田応援団
維新政党 新風 秋田応援団
のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR