FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俗に「冠婚葬祭」と一括りに云われるが、「婚」や「葬」が何であるかは皆知って居るが、「冠」が何であるかを説明出来る人が意外に少ない事に驚かされる。
本日は、その「冠」の日、「成人の日」である。

我が秋田県では昨日、成人式を行った地域が多く、または夏に成人式を行う地域も少なくない。

この成人式であるが、国際的に見れば珍しい、我が国独特の風習である。
始まりは、大東亜戦争終戦間も無い昭和二十一年、埼玉県の蕨町(当時)で開催された成年式が、全国に普及したものである。
これが、昭和二十三年に祝日法で「成人の日」が定められ、定着するに至った。

この成人を祝う慣わしの起源は、奈良時代頃からの公家や武家の元服の儀式であり、この際に冠や烏帽子を被らされた事から、「冠」の文字が成人を祝う言葉となった。
この元服の儀は、これから世の中に対して責任を担う、自覚と自立を促すものであり、それを認識し独り立ちする節目の儀式であった。
現代の成人式も、本来は、この精神を踏襲したものであり、敗戦の虚脱感から立ち直り、復興と高度成長、先進大国日本の復活を担った原動力の一つとなった。

しかし、この現代の成人式の風習も、半世紀を経て次第に変化変質が見られ、大人になる成人を祝う筈の式典を、「子供の世界」と歌うディズニーランドで開催する自治体が出るなど、新成人に佞ったりする傾向の式典が増え、また更には式典の最中に酒に酔って暴れて逮捕される者が続出したりと、凡そ本来の趣旨からは大きく逸脱する傾向が増え、成人式そのものの不要論も出始めて居る有様である。

成人を迎えた若者自身も、成人して初めて手にしうる、参政権の行使たる選挙権を行使せずに、国民たる自覚も無く、子供の延長線上に惰性的に過ごして顧みる事も無い。
その体たらくが、現状の我が国の低迷の源と云っても過言ではあるまい。

福沢諭吉の「学問のススメ」に
「一身独立シテ一国独立ス」
とある。
極東の貧弱小国であった明治日本が、如何にして僅かの間に、植民地化の危機を乗り越えたのみならず、欧米列強に伍するまでに成長し得たのか。まさに是れにあると言って良いだろう。

ならば、果たして我が国の現状は如何也や?
新たに成人を迎えた者も、そしてそれを迎える側も、国家社会の一員たるの自覚を再認識するべき、成人の日であるべきだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

維新政党 新風 秋田応援団

Author:維新政党 新風 秋田応援団
維新政党 新風 秋田応援団
のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。