スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓断交論と云う愚挙

最近、ネット右翼(所謂ネトウヨ)を中心に、
「韓国と国交を断絶すべきだ!」
とする論調が見られる。
とても正気の沙汰ではない。

確かに、韓国の我が国に対する歴史問題での言動は、目に余るものがある。
慰安婦問題等では、既に日韓基本条約で解決済みであるにも拘わらず、事実無根の言い掛かりで謝罪や賠償を求め続ける等、理不尽この上無い。
しかしこれは、我が国政府の側にも大きな原因がある。
外務省が中心となって、事なかれ主義から一切反論せず、結果として黙認する形を続けて来た事が大きいだろう。
歴史問題と云った、我が国の矜持に関わる問題では、一切妥協してはいけないのである。

しかし、だからと云って、日韓断交を主張するのは、余りにも短絡的であり、無思慮に過ぎると言わざるを得ない。

今、韓国では、日米との連携を重視して北鮮と対峙する方針であった保守派政権の朴槿恵大統領が罷免され、次の大統領には、親北鮮で北京政府寄りの文在寅候補の当選が有力視されて居る。

アメリカは、オバマ前政権の頃から、在韓米軍の撤収を進めて居り、トランプ政権も、世界の警察路線を辞めて干渉主義からの撤収を企図して居る。
もし、このまま韓国が北京への接近を強めれば、在韓米軍が撤収する事も有り得るだろう。

ネトウヨは、韓国など要らない。韓国は支那の属国になれば良い。と云った論調を展開して、日韓断交を主張して居る。

だが、本当に韓国が北京政府の属国となっても良いのだろうか?

韓国から米軍が撤収し、韓国が北京政府の属国となれば、韓国に人民解放軍が駐留する事になるだろう。
そうなれば、我が国は対馬海峡を挟んで、人民解放軍と直接対峙する事となる。
核を持った人民解放軍の脅威を、我が国本土に直接受ける事となるのである。
その脅威たるや、尖閣諸島危機の比では無い。

人民解放軍など恐るるに足らない!
ネトウヨは直ぐにこの様な勇ましい言葉を吐く。
これこそ、我が国の悪い癖である。
我が国は今も昔も、敵を侮る悪癖がある。

確かに、人民解放軍よりも我が国自衛隊の方が、装備等の面で優越して居るとの分析が多いのは事実である。
だが、かつて朝鮮戦争では、あと一歩で半島を制圧しかけた米軍を、義勇軍と称した事実上の人民解放軍が、38゜線まで押し戻したと云う現実を忘れてはいけない。

かつて我が国は、
首都南京を落とせば支那は屈伏する!
と敵を侮り、支那事変の泥沼に嵌まった。
かつて我が国は、
アメリカは個人主義の国だから、緒戦で戦果を挙げれば厭戦世論が起こって講和に応じる!
と敵を侮り、敗戦の憂き目に遭った。
ネトウヨ諸氏やその同類は、これ等の歴史から、何も学んで居ない様に思われる。

敵を過度に恐れる必要は無いが、
敵を過度に侮るのは、愚者の行いである。

日韓断交すべし!
等と能天気な主張を呑気にして居られるのは、在韓米軍が駐留して居るお陰である。
それを忘れて、感情論だけで短絡的な主張をする行為は、最早「売国行為」と云っても過言ではない。

最近やたらとネット上で、嫌韓を煽る情報が出回り、拡散されて居る。
これ等のネタに乗せられ踊らされ、我が国で嫌韓感情を煽る行為は、結果として敵を利する行為である。
韓国での朴槿恵大統領の弾劾運動を、陰で煽り操って居たのは、北や北京政府が居た事は明らかである。
我が国で嫌韓感情を煽るネタを拡散させて居るのも、その陰に、それで利を得る敵性国家勢力の工作があるのは、少し考えたら判る筈である。

韓国に、親北政権が出来て誰が得をするか?
韓国が、我が国やアメリカから離れて得をするのは誰か?
THAAD配備を撤回させたがって居るのは確か?
言わずもがなの事である。

韓国を敵の側に追いやる行為は、百害あって一利無し。
我が国は、歴史問題では一切譲歩すべきではないが、しかし、韓国を日米の側に留め置き、敵の側に追いやる行為は避けねばならず、非情にデリケートな外交が要求されるのである。

敵のバラ撒く嫌韓情報に踊らされ、思慮無く安易に日韓断交を唱える愚は、厳に慎むべきである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

頑張れ日本!秋田応援団

Author:頑張れ日本!秋田応援団
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。